夏の贈り物に最適! 甘酒の魅力

 

甘酒が体にいい、その理由

 

甘酒は、なんとなく「体にいい」とか「ヘルシー」と言われますが、どこがいいのか、その理由を調べてみました。
まずは、その甘酒の種類と作り方から。

 

甘酒は、どうして作る?2種類の「甘酒」

 

 

ひと口に「甘酒」といっても、大きく分けて酒粕甘酒と米麹甘酒の2種類があります。

 

酒粕甘酒

日本酒などのもろみから液体である酒を搾り出して残った固形物が酒粕であり、それを湯に溶かして、砂糖などの甘みを加えたものです。だから、甘味は後から加えられた砂糖です。
ごくわずかのアルコール分を含みますが、市販されているものは1パーセント未満のものばかりです。

米麹甘酒  原料が米・麹(こうじ)であり、麹菌の造り出す酵素(アミラーゼ)の働きにより、米のでんぷんを分解し、ブドウ糖を生成したもので、「飲む点滴」と呼ばれるのが、この甘酒です。アルコールは、含まれていません。甘酒の甘さはデンプンが発酵してできたブドウ糖です。

 

 

甘酒と聞くと、酒の種類みたいに思いがちですが、米麹甘酒の方は、アルコールは入っていないんですね。市販のものには、2種類の甘酒を混合したものもあります。
さて、本題のどこが体にいいのかということです。

 

甘酒の利点とは?

 

ここでは、「飲む点滴」と呼ばれている、米麹甘酒の主な働きについて述べます。酒粕甘酒の利点はまた別の機会に説明します。

 

1)消化吸収しやすいブドウ糖

 

でんぷんが、麹が作りだすアミラーゼという酵素によってブドウ糖という体に取り込まれやすい、消化吸収されて直ちにエネルギーになるのが、その主な理由です。夏バテで胃腸や食欲が減退している時も、消化吸収されやすい高カロリーな食品です。また、甘酒にはたんぱく質をアミノ酸に変えるプロテアーゼと言う酵素から、米の表面のタンパク質から必須アミノ酸が生成されます。

 

2)腸内環境が整う

甘酒に含まれているオリゴ糖や食物繊維は腸内細菌の善玉菌のエサになり、腸の活動を整えます。だから、お通じが良くなったりする効果(便秘抑制)が望めます。腸内環境が整うと、免疫力が高まりますし、肌の調子も良くなります。

 

3)豊富なビタミンB群

発酵して甘酒になる過程で、ビタミンB群が作られます。甘酒には、ビタミンB1・B2・ナイアシン(B3)、パントテン酸(B5)、B6、イノシトール、葉酸、ビオチンが生成されています。ビタミンB群は、エネルギーをつくるのに欠かせない栄養素であり、豚肉などに多く含まれています。

 

すぐエネルギーの源になるブドウ糖とエネルギー変換を助けるビタミンB郡が両方が含まれているので、疲労改善効果が望まれます。

 

夏バテしやすいシーズンに、甘酒は最適なドリンクなのです。

 

 

おススメ! 贈答品に最適! 造り酒屋の甘酒 遠藤酒造場

 

遠藤酒造とは?

1864年、創業156年の長野県の老舗蔵元です。
詳しくはこちら → ウィキペディア 遠藤酒造

 

長野県では、甘酒を作っているのは味噌蔵や酒蔵の会社が、40社以上もありしのぎを削っています。そういう激戦区の長野県で生まれた甘酒です。

 

ここが造り酒屋ならではのおいしさにこだわり!

 

100%国内産「酒米」を使用しています。その上にお米を全部使うのではなく、30パーセント削ってお米の本当においしいところだけ使っています。

 

私が飲んでみた感じは、あまり麹の匂いが少なく、スッキリとしていてのど越しも良いながらも、とっても満足のいく上品な甘さでした

 

一口メモ 甘酒の原料の米ですが、市場には食用のご飯の「うるち米」を原料とする甘酒と、日本酒を作るための「酒米」を原料とする甘酒などがあります。さらに日本酒のように、より磨かれた精米を使っているのです。

 

 

お子様や妊娠中の方でも安心!

麹甘酒ですので、米から生成されたブドウ糖だけの天然由来の甘さです。当然アルコールも含まれていません。メーカーによっては、食塩などの添加物を加えたものがありますが、原料は米・米麹だけですので、安心して召し上がれます。

 

 

「ベストお取り寄せ大賞2018」ドリンク・お酒部門で金賞を受賞しています。 そのサイトはこちら→ https://www.otoriyose.net/best/2018/cat13.htm 

 

ご注文は、下記まで。 ↓ 

 

【遠藤酒造場】

ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」

18分で16,000本完売!楽天総合ランキング1位獲得の「造り酒屋の甘酒」はこちらから

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村