私はこれで猫背が治りました! 体験談です。

 

実は猫背が治ったのは60歳前です。中学生の頃から既に猫背だったのですから、つまり人生の大半が猫背でした。若い頃は良い姿勢だったのに、年をとって猫背になる人が多いのですが、自分はその逆だったのです。
どうして治ったのかというと、「お腹の上部を伸ばし気味に歩く」というシンプルなことです。
そんなことで治ったのかと不思議な話ですが、そんな簡単なことが長い間わからなかったのです。

 

まずは第一 正しい姿勢を知るべし

昔、知り合いのトレーナーさんに猫背について相談しました。まずは、正しい、猫背で無い姿勢を知ることから教わりました。
壁を背にして立ち、自分の体をくっつけます。正しい姿勢とは、下の絵のような頭の後ろ、肩甲骨、おしり、かかとの後ろが全部壁につく姿勢を言います。

 


まず正しい姿勢を知らないと、猫背かどうかの判断ができません。

 

正しい姿勢を維持するために、間違って姿勢のイメージが頭が覚えこんでいる場合があります。
胸が出て腹をへっこんだ姿勢が良いように私も長い間、勘違いしていました。

 

お腹の上部は、どちらかというと、胸よりも前に出ています。それと、頭は胸よりもかなり後ろに位置しています。これを頭に覚えこませることも大切ではありますが、絶えずこの姿勢を意識するのはやはり難しいです。

 

いままでやって来た遠回りの猫背矯正の方法

 

40年間いろいろ努力してきましたが、正しい姿勢を知っても、猫背はなおりませんでした。ひとつひとつは重要ですがと思いますが、通説的に言われている説は意外にも役に立たないことが多いものです。

 

 

@猫背矯正ベルトの着用
背中が痛いときなど、付けていて楽なこともありましたが、付けている時窮屈なだけで、猫背はなおりませんでした。たすき掛けもしましたが、猫背矯正ベルトと同様、はずしたら元の木阿弥です。

 

 

A背筋力をつける。
20代のころからずっと筋トレしてきまして筋力はつきましたが、首が前方に行くことの解決にはなりませんでした。上体反らし(コブラのポーズ)や肩甲骨周りのストレッチも猫背に良いと云われているので、何度もやりましが猫背の改善にはなりませんでした。

 

 

Bかかと重心法
筋力をつける、ストレッチをするということは、良い姿勢を保つために必要なことですが、それだけではダメでした。それで、「かかと重心法」という本を読みました。筋力では無く、重心によって、自然な姿勢の保持をするというものです。
歩き方も変えるように、かかとから降りてつま先に重心を歩くように気をつけました。でも上半身は前に傾きでした。かかと重心だけではダメだったのです。

 

これで治った。腹の上部を伸ばしながら、重心を意識しながらゆっくり歩く。

テレビで、お腹の上部を突き出しながら歩くというやりかたをしていました。テレビで初めてそのやり方を見た時は、突飛な姿勢に見えました。

 

しかし、実際にやってみると、お腹の上部から体が後ろに勝手に反って、頭が後ろ側にいって頭の収まりがいいのです。つまりは、重心に二つポイントがあるということ。かかと重心に加えて、上半身の重心も重要だったのです。おなかの上部が縮まって固くなって、上半身が前かがみの姿勢になっていたのです。

 

頭は重いですので、お腹の上部が柔らかいと、頭がうしろにいき、重心がうしろにいき収まりがいいのです。

 

ポイントは、お腹の上部です。そこから上を後ろに引くというイメージをもつこと。

 

今私がやっているのは、お腹の上部が伸びるように、意識しながら、30分ゆっくり歩くというシンプルなものです。ただそれだけです。お腹の上部を突き出すというというか、お腹の上部の辺りから体を曲げるという表現が正しいのかもしれません。

 

胸骨を上向きにするとか、ともかく、そういうイメージづけをしながら、姿勢を保持するのです。お腹の上部を突き出すという姿勢は、反り腰気味で良い姿勢ではないという意見もあります。

 

しかし、その姿勢をずっとするわけではないのです。お腹の上部を伸ばす、縮まっているところを伸ばすことを目的とするので、猫背の人がやっていくと、ちょうど良い姿勢に落ちついていきます。

 

これをやり続けることで、今は猫背も改善し、背中で両手をつける姿勢もできるようになりました。

 

猫背が治ってよいことは、@呼吸が前より深くなった。Aイビキが小さくなったB首が痛くなるのが減ったということです。当然ながら、見た目が前よりもマシというのもあります。
将来的には、誤嚥防止や頚椎症の進行防止にも意味があります。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村