どうしたら、いつまでも元気な男性でいられるか?

年をとってもずっと健康でいたいものです。
それだけでなく、男性としても、はつらつとしてがんばれたらと思います。そのためには、何をしていけばよいのか、その方法を述べていきます。

 

奇跡の健康法 和温入浴療法

 

年老いても,元気になる,健康法

難治性の疾患も治ってしまった体験。

私は2007年に難病の一つである膠原病の一種、結節性多発動脈炎という病気になりました。一般的には、一生治らない病気とされています。

 

しかしながら、2016年には、治ってしまってドクターにもう大学病院に来なくて良いと言われました。

 

その治るきっかけになったのが、2013年1月15日放送の『たけしのみんなの家庭の医学』(テレビ朝日)という番組です。

 

その番組では、『和温入浴法』というお風呂の入り方を説明していました。

 

和温入浴法は、41度のお風呂に肩まで10分程度 浸かるというだけのシンプルなものです。

 

 

注意 心臓疾患のある方は、温度や水圧で大変なリスクがありますので、お控えください。
医師の管理下で15分間60℃の遠赤外線乾式サウナに入り、その後ベッドで30分安静保温し、汗をかいた分の水分を補給するというのが、本来の『和温療法』です。その和温療法をやっている病院もあります。ドクターにご相談ください。

 

そんなシンプルなことで、難治性の疾患が治ってしまったのはなぜでしょうか?
肩まで入浴していると、深部体温が1℃上昇して、血流量を増加させ、血管内にNO(一酸化窒素)を発生し、このNOという物質が、血管を拡張するし、血管を柔らかくするということが研究でわかっています。

 

また、このNOは運動を行うことによっても発生します。入浴と合わせて運動も行うことをお勧めします。

 

 

私は、珍しい病気が治ったわけですが、そもそも動脈硬化の予防に効果があり、一般の方が老化防止のためにも実践した方が良いのです。

 

友達にも紹介したのですが、だれもしません。やったけれど、しんどくて10分も湯船に浸かっていられないという声が多いのです。

 

スポーツジムのお風呂で皆はどれぐらいの時間、湯船に浸かっているか観察したら、長い人で1分です。その10倍だから確かにしんどいでしょう。
(ちなみに私はスポーツジムのお風呂に入っていたので厳密に41℃ではありませんでした。)

 

連続じゃなくても、5分+5分でも良いようです。人と話したり、音楽を聴いていたりすると、しんどさが軽減します。

 

やっていたら慣れるでしょうか?私自身2013年からずっとやり続けていますが、まだ慣れません。

 

でも、これをやっていたら必ず元気になると思えば続けてできます。

 

 

私が飲んでいる元気になるサプリ

 

亜鉛

 

今まで飲んでいたDHCの亜鉛サプリです。

 

年老いても,元気になる,健康法

 

酵素の活性化細胞分裂・新陳代謝などの働きに大きくかかわっているミネラルです。しかし、世間では亜鉛の重要性があまりにも知られていません。

 

亜鉛の重要な働きを調べてまとめました。

 

@性ホルモンの合成や精子の生成を促進させる。亜鉛が欠乏すると、生殖機能が低下します。

 

A骨を作る細胞を活性化させる。
この情報は、「亜鉛の働き」で検索してもなかなか出てきません。最近の「骨粗鬆症」予防の常識として、カルシウムを接種するばかりではダメで、ビタミンD(カルシュウムの消化吸収を高める)を摂ることや運動を心掛けること(骨に刺激を与える運動)ですが、信州大学医学部付属病院整形外科医 中村幸男先生の研究で、亜鉛を接種すると骨密度が改善することがわかってきています。

 

B美しい皮膚を作る。
肌が正常に新しい皮膚細胞を生みだしていくのに必要なのが亜鉛です。亜鉛が不足すると、床ずれが治癒しにくいです。

 

C免疫力を高める。
亜鉛はウィルスなどと戦うT細胞や、亜鉛が免疫機能の信号伝達にかかわっていることが知られています。生命の維持にも欠かせないミネラルです。

 

D抗酸化作用。(アンチエイジング)
亜鉛は、ビタミンAと共に働くことで抗酸化作用があります。

 

E味細胞の生成。亜鉛不足になると、味覚が感じられなくなる障害が出てきます。

 

 

このように人間が生きていくために欠かせないミネラルです。

 

食べ物から摂るべきだと云われる方がよくおられますが、亜鉛はなかなか食べ物から必要量を摂取しにくいミネラルです。

 

亜鉛が多く含まれる食品にはカキや肉などの魚介類に多く含まれます。野菜ばかり食べていると不足がちになりますし、

 

食品添加物(ポリリン酸など)を含む加工食品やレトルト食品は、亜鉛の吸収を阻害します。また、アルコールの摂取は、体内の亜鉛を消費すると同時に亜鉛を尿に排出します。
ご注文はこちらまで。
    ↓

 

マカ

 

 

亜鉛をやめて最近飲み始めたDHCのマカです。

年老いても,元気になる,健康法

 

最近、亜鉛を一袋全部飲んでしまったので、今はDHCのマカを飲んでいます。

 

マカと表示されていますが、

 

マカだけでなく、亜鉛別に含まれています。メーカーによって、マカと一緒にプラスされているミネラルや漢方がマチマチですので、裏側の成分表を見て買わないといけません。

 

DHCのマカには、ガラナエキス120mgや冬虫夏草が60mgなどが付加されています。ガラナエキスは一般的に滋養強壮や疲労回復に効果があるとされ、

 

冬虫夏草は、漢方薬の中でも高額なもので免疫増強・抗菌・止咳・止血・気管支拡張・鎮静・滋養強壮に作用すると云われています。

 

さて、この肝心のマカですが、広告宣伝から男性のための強壮剤みたいな間違ったイメージが普及しているような気がします。

 

世間では「あまり自分には関係ないサプリ」と思われているのではないかと感じます。

 

マカには、ポリフェノール、サポニン、グルコシノレート、ステロール、アルカロイドなどの成分も含まれていますが、

 

特有の成分である「ベンジルグルコシノレート」の働きが主に作用していると考えられています。

 

その作用ですが、最近の研究でわかったものだけまとめてみました。

 

 

@男性に性欲改善。

 

A精液量や精子数、運動性精子数、精子運動性が増加する。

 

B閉経後女性に更年期症状である不安症やうつ病の改善。

 

C更年期障害の予防・治療。欧米では、更年期障害の治療のホルモン補充療法の補完代替医療の一つとされている。

 

D不妊の改善。黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンの血中濃度が上昇。

 

E持久力向上・抗疲労作用・抗肥満作用。

 

F紫外線から皮膚を守ったり、ヒアルロン酸産生の働き。

 

 

@Aは、男性特有の改善効果ですが、BCDは、女性特有の改善効果です。EFは男女共通の効果です。

 

だから、マカの働きは、男性だけではなく、男女ともに老いても元気にいるために働いてくれるサプリです。
ご注文はこちらまで。
    ↓

 

 

男性として元気でいるためと健康法とサプリを書いてきましたが、女性にも同様に元気で美しく過ごす方法であるということです。

 

ブログ村ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村