→ https://amzn.to/3vlKgtH

 

年をとると、目も老化します。
白内障(はくないしょう)や緑内障(りょくないしょう)、だれでもなる病気かもしれませんが、そのなり方にも個人差もあると思いますし、発症期が速かったり遅かったりすると思います。
できれば、そういう風にならず、一生自分の目でいろいろなものが見えていたいと思うのは私だけでしょうか。
とりわけ緑内障は、視神経という器官に障害が起って、視野が狭くなる病気だから、治療して元に戻るということはないので、もし予防法があれば知りたいと思って、写真の本を買いました。

 

 

 

家族性はどうか。

 

緑内障は、2003年の疫学調査では、40歳以上の20人に1人が罹患とのことであり、年齢とともに増加し、2004年の調査では、70歳代になると10 %を超えるという病気です。だれでもなりやすい病気でもあるし、必ずそうなる病気でもないとも言えます。

 

私の兄は、私より9歳年上ですが、すでに緑内障が始まっており、点眼薬を入れる治療をしています。
うちの父(すでに他界)も緑内障でした。眼科に通院して点眼薬を入れていましたが、だんだんと視野が狭くなってきて、ほとんど目が見えないない状態になっていきました。
そうことがあったので、兄は「緑内障は遺伝するからな。」ということを私に警告するかのように言いました。

 

果たして同じ血縁だったら、発症しやすいかどうか、いわゆる家族性です。
インターネットで調べてみると、一概に言えないらしく、遺伝的因子と環境的因子の両方が関係しているとのことです。

 

環境因子ということなら、なにか努力というか、ケアすれば予防もできるのではないかなどと希望的に思うのです。
兄に警告気味に言われた言葉は、不安ですが、逆に早めに準備する心構えにもなります。

 

それと私は、昔、膠原病(こうげんびょう)患者だったので、ステロイド剤を長期に飲んでいて(2007年〜2014年)、薬の副作用からの緑内障になりやすいという不安感があり、何年か前に、眼科を受診しています。その時は、発症していませんでした。

 

自分ではなかなかわからない病気

 

兄から緑内障のことを聞いたとき、写真の本をアマゾンで買いました。
買いましたが、まだ、発症していないと、なかなか一生懸命読みません。

 

NHKの健康番組で、緑内障を特集していました。
その番組では、「早期発見と進行を遅らせる」ことが強調されていました。

 

残念ですが、発症したら治る病気ではなく、進行を遅くするという病気なのです。

 

そして、視野が狭くなるけれど、それが自分ではすぐ発症しているかどうかがわからない。
気づいた時は、すでに進行しているというのが、ある病気です。

 

もし、緑内障が始まっているなら、できるだけ早くわかればいい。
そう私は考えました。

 

 

本の付録についていたチャックシートで、昨日見てみました。
中央の点を見ながら、視点を動かさず、四隅が見えるか、そういうチェックシートです。

 

やってみたら、上の左右がはっきり見えません。
あれれ・・・・もう始まっているのかな。
そう思って受診しました。

 

眼科の受診

 

いろいろな目の検査を受けました。・
どれがなんの検査かよくわからず、受けました。下記は主なもの。

 

他覚的屈折検査  なんか風車みたいな画面だったような・・・。
視力検査      いわゆる視力検査と矯正視力検査
眼圧検査      風をあててするような検査だった。
眼底検査      大変まぶしかったような検査
視野検査      白い点のような光が見えたら、即自分でスイッチを押す検査でした。

 

何年か前にこの眼科でやった視野検査の機械ではなくて、かなりコンパクトな機械でした。
かなりのスピードで白い光がでてきて、自分が反応できたか不安です。

 

眼科のみならず、この年になると、検査結果を聞くのが、なかばアキラメ気分です。
結果がどうだったか、ドクターの診断を待ちます。

 

結果

 

結果は、「まだ、緑内障は発症していない。」ということでした。
眼球の中の画像を見せられて、安心しました。
結果が悪そうに思えていた「視野検査」も、視野欠損はないということでした。

 

あの本についていた、チェックシートですが、
たまにするのではなく、まだ目が正常な時の状態の時、何度もやる癖をつけようと思いました。

 

あの本には、緑内障の予防法が書いてあります。
目の血流改善が、重要なポイントのようです。

 

 

ブログのランキングに参加しています。ぜひ、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



健康法ランキング


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ